給湯器の設置タイプ

戸建て、マンションなど住まいの様式に合わせていくつかの設置方法がありますが、大きく分けると上記4種類程になります。

  • 屋外壁掛設置タイプ

    屋外壁掛設置タイプ

    戸建ての外壁や、マンションのベランダに取り付けられているタイプ。
    給湯器本体の下に配管が出ているタイプです。配管カバーで配管を見えなくしている場合もあります。

  • 屋外据置設置タイプ

    屋外据置設置タイプ

    戸建ての地面やブロックに置いてあるタイプ。浴槽に穴が1つのタイプと、穴が2つのタイプ(浴槽隣接)の2種類があります。
    据置架台の上に設置されている場合は、給湯器交換の際に据置架台も新しくする必要があります。

  • PS標準設置タイプ

    PS標準設置タイプ

    マンションの玄関横のPS(パイプスペース)と呼ばれる場所についているタイプ。扉が付いていないので給湯器が見えます。
    また、PSが狭い場合はスリムタイプの給湯器を選ぶ必要があります。

  • PS扉内設置タイプ

    PS扉内設置タイプ

    マンションの玄関横のPS(パイプスペース)と呼ばれる場所についているタイプ。扉が付いているので給湯器の本体が見えません。
    扉があるので、排気の方向が前方、後方、上方と複数あるので、気をつけて給湯器を選ぶ必要があります。

この他にも、屋内設置タイプやガスふろ釜タイプなどもあります。
PS設置タイプの給湯器は、既存の給湯器と同じメーカーの後継品を選定するのが問題が少なく安心です。

給湯器の機能と種類

  • フルオートタイプ
  • オートタイプ
  • 給湯専用タイプ

この他にも、高温水供給方式の給湯器などもあります。

給湯器の号数の選定

給湯器を選んでいる時に「16号」「20号」といった数字を聞いた事があると思います。この「号数」とは、水温+25℃のお湯が、1分間に出る量(L)の事を指します。
号数が大きいほど、一度に大量のお湯を使うことができる、性能を現す数字になります。
家族の人数や、同時にどれだけのお湯が必要なのかを考えて、最適な号数を選びましょう。

給湯器の号数の選定

4人家族の場合

3カ所で同時に使うことは少ないので、使用時間がよく重なる〈シャワー+キッチン〉なら約23号。一般的な4人家族なら24号がお勧めです。

2人家族の場合

一度にたくさんのお湯を必要としないご家庭なら、20号タイプを。

エコジョーズが給湯器のスタンダード

エコジョーズ給湯器は、これまで捨てられていた熱を再利用して、少ないガス量で効率よくお湯を沸かすタイプの給湯器です。

2000年に日本初のエコジョーズが販売され、10年以上の歴史があり、普及台数も年々増えています。家計にも環境にも優しい、省エネ性の高い「エコジョーズ」はこれからの給湯器のスタンダードになっていく事間違い無しです。

各メーカーも、エコジョーズ給湯器をスタンダードと位置づけて動いており、給湯器の標準がエコジョーズへと変わっていっています。

エコジョーズの仕組み

一般のご家庭のエネルギー消費のうち、約3分の1が「給湯」によるものと言われています。
エコジョーズでは、今まで使わずに捨てられていた、お湯を沸かす時に出る200℃の高温の排気熱を再利用して、加熱される前の水をあらかじめ温めます。
そのため、加熱により発生した熱を最大限活用して、従来よりも少ないガス消費量で効率よく「給湯」「追い炊き」のお湯が沸かせます。
高効率でお湯を沸かすので、ガス消費量は少なくなり、その分ガス料金も安くなります!

エコジョーズはどれくらいお得?

年間でガスを使用する量でも変わってくるのですが、大体10~15%位のガス代の節約になると言われています。仮に、年間80,000円位のガス代なら8,000~12,000円位お得になる計算ですね。
また、大阪ガスならエコジョーズにする事でGAS得プランを契約する事ができ、ガス代が約3%程安くなるので、さらにお得になります。